アルドノア・ゼロあらすじとネタバレ!ザーツバルム伯爵いいよね。

スポンサーリンク

アルドノア・ゼロのあらすじ

 

私が紹介したいアニメは「アルドノア・ゼロ」です。
このアニメは、地球vs火星で繰り広げられるロボットSF作品です。

1972年に行われた「アポロ計画」をきっかけに、古代火星文明テクノロジー「アルドノア」が発見され、人類は火星での独占、地球での共有化という真っ二つの意見に別れてしまったことで、戦争へと発展します。

アニメの舞台は、それから時がすぎ互いに平和協定を結ぶことでほぼ冷戦状態になっていたという設定で始まります。

そんな中、地球と火星の平和を望む火星のお姫様「アセイラム姫」が地球で暗殺されたことで戦争は激化。このアニメの主人公である、「伊奈帆」そして、「スレイン」は様々な思惑の中この戦争に巻き込まれていく、そんなお話です。

このアニメですが、最近では珍しい「原作なし」のアニメーションで、2クール編成の全24話はそんな風には思えないほど作り込まれています。よくある最終話になるにつれて、話を急ぎすぎるといったこともありません。

とまあ、こんな風にアニメの概要を書いていったのですが、私がこのアニメで最もオススメしたいポイントは、このアニメの登場人物である「ザーツバルム伯爵」です。

 

ザーツバルム伯爵の魅力

 

ザーツバルム伯爵

ザーツバルム伯爵(これ以降「伯爵」と書きます)は、火星側の騎士であり、このアニメで言うところの黒幕に当たる存在で、アセイラム姫暗殺を企てた張本人です。ここで気になるのが、火星側の人間がなぜ自国の皇族を暗殺する必要があるのかと言うことですが、これには伯爵の過去が関係します。

伯爵が種子島での殲滅作戦を行った時、当時の王つまりアセイラム姫のお父さんの作戦の生で婚約者を失っています。この事件をきっかけに、皇族という存在に疑問を持ち、自国を見返した伯爵は国民が明日のご飯を食べることも難しいほど困窮していることに気がつきました。それから、地球もろとも皇族を破滅させることを目論んでいます。

私がなぜこのキャラクターをお勧めしたいのか、それは伯爵の考え方、価値観がかっこいいと思ったからです。
地球と皇族の両方を恨んでいる伯爵ですが、恩義や仲間を大切にする人物で、このことはアニメの節々から感じられます。

例えばですが、主人公であるスレインのことは、彼の父親への恩義から自分の敵になることがわかっていながら助けるシーンがあったり、自身の直属の部下は階級や家柄関係なく、実力でのみで構成されています。

確かに、好き嫌い別れるキャラクターではあるのですが、実直なところが本当にかっこいいのでアルドノア・ゼロを見る機会があればぜひ注目してみてほしいです。

コメント